スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
んむーーー
こんちにわ。

しゅうかつちうの私です。

しゅうかつはそこそこにやっております。

マネージャーもそこそこやってるのですが、そろそろ終わりが見えてなんだか時間が経ったのだということをひしひしと感じている、今日この頃です。






それなりに忙しいのですが、

最近本を読んでおりまして

わたしの大好きなよしもとばななの本なのですが

「イルカ」という本です。

強くお勧めします。でら感動しましたね。

一回読んだはずなのだが、違った見方ができたというか。

就職活動をしていると、自分は何のために生きているんだろうとか、

あの人は何を考えて生きているんだろうとか、

すごく考えているのですが

この本では、生きること死ぬこと、当たり前のこと当たり前じゃないことの

すばらしさというか。

いのちの尊さみたいのを感じました。

明日自分が死ぬかもしれないし

隣の人が死ぬかもしれないのに

みんな生きているし

わたしも生きていて、

わたしはいのちを生むこともできる。

すごいことです。

ごはんを食べることとか、好きな人に会うこととか、

あーすごい幸せだなーって、思います。

大好きな人と会って嬉しかったり、一緒にいたいと思うのは、本能なんだと感じます。

いのちがあると、本能がはたらいて

それが感情になって行動になって言葉になったりならなかったり

でもきっと、そういう本能はいのちを生むことができる性だから、男の人より強いんじゃないかなあ?と勝手に思ったり。

いやまだよくわかんないけどさ。

就活もあって将来のことを考えたりしてるさなかにこの本を読んだから、

最近小さい子、赤ちゃんとかすごおーくいとおしく見える。

いいなあと思う。

好きな人がいて、自分の子供がいたらすっごいしあわせなんだろなあ!と思う。

だから親にも感謝できる。

よしもとばななの本は、読むといろんなことに感情が働いて、いろんなこと感謝できる。

忙しいと感情に乏しくなるのを感じるんだけど、そういうのはやっぱ新しい言葉で治癒していかなきゃだめだなーって思う。

だからそれは本だけじゃなくって、芸術とかでも必要。

音楽も、アートも、新しいものをくれるから好き!

いろんな考え方ができればいいなあと思う。

わたしってたぶんあんま軸がないんだけど、自分はそういうのを「流されやすい性格」って言われるのがいやだ。

いろんな考え方を受け入れていきたい(ポジティブだし自己満足。笑)

なにが言いたいのか分からなくなってきたけど

まあ就活ばっかじゃダメな気がするよ笑

恋愛して、音楽やって、おいしいもの食べて、遊んで、寝る!

働いてもそういうの大事にしたいなーって思ってるんだな。
スポンサーサイト
【2012/02/07 18:09】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<もうすぐ!! | ホーム | 写真のはなし>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://boneda.blog75.fc2.com/tb.php/977-0a77cc6e
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。