スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
りさいたる後記、震災
みなさん無事にお過ごしでしょうか。

わたしのまわりはみんな無事で元気にやっています。

地震被害に遭われた方々をニュースなどで見ると、心が痛くなります

そんな自分がいることも申し訳なります

本当に一刻も早い復旧を願っています









3/13に、わたしの所属するハイソの第55回リサイタルを行いました。

当初予定していた九段会館での開催は、ホールの崩落により不可能となったために

初台のライブハウスを代わりの会場として行いました。

地震の時は学生会館で練習中で、九段会館のニュースを聞いたのは近くの公園に避難しているときでした。

その時避難したメンバーは譜面と楽器を持って避難しましたが

その後学生会館は閉鎖したために楽器を出せなかったメンバーもいました。

夜から都内中のホールやライブハウスをみんなであたりました。

掲示板を使って、帰れない人が多くいる中ほんとうに頑張ってくれた人がたくさんいました。

やっと見つかったライブハウス

そこから開催に向けて本当に頑張ってくれたひとたち

感謝の言葉に尽きます。

わたしは本当に何もできませんでした。

それにも関わらず、そんなわたしにも他大学のバンドの友達から応援メールがきたり

OBの方から電話を頂いたり、知人が心配してくれたりもして

本当にうれしかったです。ありがとうございました。

九段会館で私たち、もしくはその前日に友人たちがリサイタルを行っている時に地震が起こっていたら…と考えると、不謹慎ながら本当に怖くなります。

私たちは九段会館崩壊のニュースを聞いた反動で動き出したということもあり、急ピッチで開催までこぎつけました。

今回のリサイタルはその日であったからこそ開催できたのではないかと、数日経った今、ニュースを見ながら思います。

確かにこのような状況の中リサイタルを開くことは、「無謀であり不謹慎でもあった」かもしれません。

だけど気づいた時にはメンバー一同が心をひとつにして、開催に向けて動き出していました。

その意味を

今になってかみしめています。

学館が閉鎖したことによって譜面や楽譜をすべては持ち出すことができず、

またずっと頑張って作ってくれていたパンフレットを配布することもできなくなりました。

そんななか協力してくださった方々が本当にたくさんいたこと

みんなが無事であったこと

このような状況の中リサイタル会場に足を運んでくださった方がたくさんいたこと

そしてすばらしいメンバーに恵まれていたこと

本当に感謝でいっぱいです。

みなさん本当にありがとうございました。







来年度からハイソのマネージャーを引き継ぎます。

幹部あいさつでも少しお話させていただきましたが、

今回のリサイタル開催に際して、本当に多くの方々にご協力をいただきました。

わたしはほとんど何もしていなかったために、ご協力いただいた方は一部しか存じません。

しかしハイソという一団体に所属している身で、ハイソは本当に多くの方に支えられているんだと強く実感しました。

今まではただ楽しくみんなと楽器を吹いているだけでしたが

今回の件で、様々な場所に問い合わせ広報をし走りまわって準備を進め、周囲への配慮を欠かさなかった先輩方の存在の大きさ、運営の重大さを知りました。

すばらしい先輩方の姿を忘れず、来年度一年間はハイソを支える側となって自覚を持って頑張ろうと思っています。

先輩の姿を見て、わたしが今年度やっていたらここまでできなかったと思います。

様々な面に気を配り、気落ちしないでいること

感謝の気持ちと真摯な気持ちを持ち続けること

冷静に判断すること

この状況の中、やれるだけのことの最大値をやってくださった先輩方は本当に素晴らしかったです。

わたしがその身であったら…と考えると、責任の重大さを痛感します。

一人の力ではできないこともわかっています。

まわりの方の力を借りることが多くあると思いますが、精一杯頭を使って動こうと思います。

よろしくお願いします。











家でごはんを食べれることがありがたいです。

まちに出るとみんなが焦って買い物に出ていました。

昨日の夜に先輩と電話しましたが、家にいるとずっとニュースを見てしまいがちです。

見過ぎもよくないですね。

ついったーも誤情報があふれていますし、メンタル面でよくないです。

「何もできない」と思うのではなく「やれることをやる」

わたしも節電に気を付けます。紙も最低限で使います。

母も夜中走りまわって食料や消耗品を購入してくれました。

できるだけそばにいてあげたほうが安心感は違います。

でかけたいですが、身の安全のためにも家族のためにも今日は自宅待機してます。

帰省するみんな、道中気を付けてね。

来年度の活動を話し合っていかなくては。

時間割も決めなくては。

やることはいっぱい。

やれることを、ひとつずつやっていこう。







スポンサーサイト
【2011/03/15 11:58】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<りさいたる後記、震災、その二。 | ホーム | りさいたる>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://boneda.blog75.fc2.com/tb.php/910-99c3f2ac
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。