FC2ブログ
夏休み、half-empty
町に学生が減って

ああ、夏休みなのかと気づいた。

学生の夏休みといえば、大学生を抜かせば7月のちょっとと8月いっぱい。

私は学生の時、夏休みがそこまで好きじゃなかった。

なぜなら

休みというぬるま湯にゆっくり疲れなかった子供だったから。。

約40日の夏休みでやらなければいけないことといえば

宿題。

やらねばけないことが残っているということ自体、休まらない。。

小学校の時ですら、夏休みのうちの7月が終わってしまうと焦り始めていた。。

「あと一か月しかない」、と、、、

それは高校でも続いて

つまり極端言えば7月中に宿題をやり切れればきっと8月を楽しく過ごせたんだと思う。

ただそんなことは絶対にできるわけもなく

やらねばならないことがあるという状態で遊ぶとかあまりできなくて

遊んでたとしてもそわそわ

部活やっててもいつもTO DOのことが頭にあったりした。








そんな性格がずっと続いているので

自分では損だなぁとか、人生楽しめてないなぁと思ったりもする。

結婚してから、夏休みの宿題を最後の日に焦ってやるという旦那ちゃんに出会い

この性格をとってもほめてくれて

この性格も悪くないのかなぁと初めて気づき、

またそんな旦那ちゃんの影響され、だらけることの楽しさとか、うれしさとか、

そういうのを知ったりした。

変な言い方だけど。








夏休みの時期になるといつもそんなことを考えます。

スポンサーサイト
【2018/07/30 21:01】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 感覚、記憶、それと>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://boneda.blog75.fc2.com/tb.php/1214-ddc1733e
| ホーム |