感謝
結婚式までちょうどあと3週間になりました。

今年に入って初めの頃、「今年の半分を結婚式に使うんだ~」って思ってたけど

もうそんな経つんだなあと・・・しみじみ・・

作るべきものは作り終えてきたし

なんとかはなりそうだけど><









でも何かある度に

わたしは本当に恵まれているなあと感じる今日この頃です。

仕事へのストレスも最近は無くなってきて

プライベートも充実してて

この上なくて心配になるくらい。

なにかばちがあたるんじゃないかって思ってるって昨日父に言ったら

先の不安よりも今への感謝をしなさいと言われました。

まったくその通りだね

本当にそうです。











学バン仲間が手伝ってくれたり

ハイソ関係者がバンド一緒にやってくれたり

両家の両親がたくさんのこと協力してくれたり

そして旦那さまは優しくて頼りになって・・・

こんなに幸せなことはないなぁと思うのです

本当に本当に、いろんなことへの感謝。









昨日は実家に行ってごはんを食べてきました。

両親が結婚28周年の記念日でした。

相変わらず両親は仲がよくて

病気にもしっかり立ち向かってるようで

最近は両親というのもあるけど、一つの生き方や一つの夫婦としての在り方みたいのを

目の当たりにしている気がしています。

親孝行があまりできないまま家を出てしまったことに

申し訳なさがまだあって

家をでるときは少し涙がでた

なんかこう、自分がこんなとんちんかんで

こんな子どもが自分にもできて

自分みたいに家を出て行ったらと想像した

家を出て行った日、両親はどんな心境だったのだろうと想像した

そしたら

とてつもなく切なくなって

25年もの長い年月をかけていろんなことを教えたり食べさせたりしてきた子どもが

こんなにもあっさり巣立つなんて

自分だったら切なくて無常感でたまらなくなると思う、と我ながら思って

ろくに親孝行できないまま出て行ってしまった自分に対して

親はどういう想いで見送ったのだろうと

考え始めたらなんだか涙がとまらなくて

こんな自分勝手な娘でごめん・・・

私と旦那さまが、このままずーと一緒にいて

28年たった頃は、どんな思いで過ごしているかなあ。

親がいて、子がいて、どんどん人間が生まれては育って

そういう当たり前のことをみんなはやっているけど

ひとつひとつが大変だし、いろんな思いの人がいるし

普通に見えても大きななにかを抱えて生きているひともいいっぱいいて

それが外から見るだけじゃわからなくて

そうやってみんな生きてて、

こうやってブログとかで発信もせず

粛々と生きているひとがたくさんいるわけで・・・

生きることってすごいし、生きている人たちってすごいし

何が言いたいか分からなくなってきたけど

その生き方の一つとして、私が親から受け継いで、

私がこれから歩もうとしている道もある。

だから

一つ一つ大事にして、感謝していかんと、と思う、ってことかな・・・










その節目としての結婚式

たくさんの人にたくさんの感謝を伝えられるような日にしたいです。

スポンサーサイト
【2015/05/24 06:13】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<ありがとう | ホーム | 新しい全て>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://boneda.blog75.fc2.com/tb.php/1190-48c6145f
| ホーム |