スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
Supernova
パリに行ってきました!

全てが素晴らしかったです。本当に。

パリには好きなものしかなくてびっくりしました。

美術館も、街並みも、鳥も、雑貨も、カフェも。

完璧な旅すぎて怖いくらいでしたね












美術館は

ルーブル、オルセー、ポンピドゥー、オランジュリーと

主要なのは全部回ることができました。

最高最高。

そしてあこがれの画家の所縁の地で思いを馳せたいというわたしの一つの夢を叶えることもできました。

パリ最高だ、ほんとうに。

写真を取りたいと思う気持ちと同じように、画家たちは絵画におさめたいって思ったんだよな~

創作意欲が自然と湧く気持ちが、街を見ててすごくわかりました。

こんなにも美術で溢れている街に、感動。

どこに行っても美術館、ギャラリー・・・

美術館の中では学校の課外授業なのか、子どもたちが床に座り込んで、絵を見ながら先生の話を聞いたり。

そんな授業が受けたかったなあ。

本当に本当に多くの作品を見たけど

知っているアーティストなんてほんの僅か。

でも自分が色眼鏡で作品を見てしまっていることも自覚。

先入観なしに作品を五感で楽しむことも大事なのかなって思う。

全然知らない人の作品でも気に入ったものは死ぬほどあったし

なぜそれらと有名な作品の区別が自分の中にあったのかも疑問になった。

考えること・感じることと知識は別にしなくちゃなーって思ったり。

まあそれでもゴッホの絵には感動して涙でそうでしたがね笑














フランス人は英語をあまり話したがらないと聞いたことがあったのですが

むしろ店員さんで英語が話せない人はいませんでした。

みんなネイティブ並みにぺらぺら。すごいなあ。

日本人はもっと別言語を話せた方がいいと思う。

何カ国語も話せる人はパリでは少なくなくて、

見ていたら英語なんて簡単なんじゃないかと思えてきました。

そこが移民が多い国、観光都市の違いなのかなあ。

受け入れ態勢がばっちりだった感じが。

フランス語は挨拶程度しかわからないけど

それでも2年間もやっててそれだけかあ…と恥ずかしい気持ちにもなった。

もっと喋れればいいんだな。

ほぼ英語でいけてしまったから、かなり余裕な旅になってしまったが

逆にフランス語ももっと話せるようになりたいっていう熱も起こりました。

国際都市はすごいなあ。















日本と違うところはもちろん多く目につきました。

例えばいま言った言語。

でもその半面、分かったこともたくさんあります。

例えば建築。

市内の80%は18-19世紀の建物らしく

建て替えはほとんどしないらしい。

地震が無いからいいよなあ、とも思う。

そう考えると

その点において東京とパリを比較しても仕方ないと思った。

今までは単純に、東京ってなんでパリみたいにきれいじゃないの!とか思ってたけど

東京も東京なりに適応してきた結果なんだなと思う。

パリのようにはいかないのは当たり前だし、どんどん生まれ変わらなくてはいけないもんねー。

全部を一気にきれいにすることはできないし。

街づくりも簡単にはいかないと思います。














そういったパリの街の特徴が分かると、パリの街の問題点(?)もわかりました。

歴史的建造物が残るのはいいことだけど、

建物は同じでも時代は変わるから、諦めなくてはいけないこともあったのだなーと。

例えば自動車は路駐するしかないから道幅は狭くなってしまう。

電線がすべて地下にあるのは景観を守る為に絶対にいいことだと思うけど

街並みを全て残した状態で現代の暮らしに適応させるには工夫が必要なのかなと。

殆どの道は車がいっぱい止めてありました。

まあしょうがないといえばしょうがないんだな。

あと、全くバリアフリーではない。

例えば凱旋門に行くにも地下道を通るのに階段を使うとか

教会に行くのに螺旋階段を上るとか

メトロを使うのに、地上からのエレベーターやエスカレーターが殆ど無いとか。

なかなか大変なんじゃないかと。

みかけの美しさを保存しているために、現代のくらしから何かを我慢しなければいけなくなっている気がしました。












パリは憧れの地でしかなかったけど

行ってみて歩いてみたからこそいろんなことがわかりましたね

4年間の大学生活で、アートのことや建築のこと、街づくりのこととか環境デザインのことも学んできて

パリのことはよく授業で触れられてきた分、自分の目で確かめることができてよかったです。

英語も僅かながら勉強しててよかった

英語もフランス語もできないじゃ話になんないわ

自分の学部でいろんな文化とかアートを勉強できて本当によかった!

感性磨かれた気がする(^O^)♡

















自分でも皮肉だと思うけど

一番感動したのは飛行機からの眺めだった気がする。。笑

今までアメリカとか韓国とか、海しか越えてなかったけど

今回は陸を越えて行って・・・

ロシアの上空辺りを越えてる時に窓の外をみて、感動してしまったんだよねー

地平線まで川が流れてて

森や湖見たいのが果てしなくあって

世界広っ!って

ってな

それを見たら、もっといろんな場所に行きたいと思いました

とさ














そんなオチの旅日記


スポンサーサイト
【2013/02/09 22:48】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<悲しい思い出は、の方程式 | ホーム | どうにかして日向にと悩めたら少し強くなれる>>
comments
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://boneda.blog75.fc2.com/tb.php/1075-12d20097
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。