FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
音楽について、おもう
一応、わたしは音楽をやっています。

一応とつけておく。

音楽をやって来た中で、一番と言っていいほど衝撃を受けたことばがあります。

「上手いは正義だ」

これは大学の時のサークルで先輩に言われたことばです。

わたしは小学校の時から吹奏楽、オーケストラ、ビッグバンドとやってきて、

音楽を楽しくできていた。

それはそれなりの人たちと、その時々のそれなりの目標設定でやっていたからだと思う。

高校までは、如何に譜面をうまく吹くか、表現豊かに吹くかとか、そのくらい。

大学に入ってジャズを始めて

譜面にないものを吹くということに実はかなりの衝撃を受けました。

自分の中にそういう物差しが無くて

すごく新鮮でした。

2年生までは二軍みたいなところにいたから、それまで通りみんなで楽しくできてたから良かったけど

レギュラーメンバーになったら、求められるものが変わってきた。

お金をとって演奏をするし

大会で良い成績を求められるし

でもそれなりのところまでは吹ける自信はあったから、それなりに楽しくできてればいいと思ってた

先輩を追いかけてる時はそれで良かったけど

後輩が多くなるにつれて結構辛くなってた。

ソロを取らなければ相手にされないし

合奏でも、上手い人の言うことが説得力があるのだと思い知らされた。

上手くなければ、楽しくないんだって

上手くなければ、意見を言えないんだって

楽しいっていうことを言える場所は、上手い人しか居られない空気があって

卒業前一年は、つらかった。

わたしはソロが苦手だし、

だからソロを取れる人たちの演奏や会話が

自分とは境界線があるんだなぁって

ひしひしと感じてた

でも勉強や練習もしようとはした

でもやっぱり、わたしにはそこまでの気力というかモチベーションがついていかなかったのね

社会人になったら、やっぱり楽器を続ける人続かない人出てきて

おのずと続ける人は上手い人たちになっていく。

上手いが正義で、上手いが楽しい。

今でもそうだと思う。

上手くはなりたいけど

いまからそんなにがんばれるかなぁ。

上手い人は、やっぱりかっこいい。

そんなことを最近思って

音楽をやったりしています。
スポンサーサイト
【2018/07/03 22:18】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。