スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
病気というもの
母が病気と闘い始めました。

この3週間は、本当にいろんな思いが駆け巡って、何度も何度もいろんな理由で泣きました。

でもつらいのはわたしではなくて、母だから

応援したくて、だから元気でいないとって思って。

健康に生きてるだけでどれだけ幸せか

この3週間のかけらだけでも痛いほどわかった。

分かったし

親が今までわたしと姉にどれだけ愛情をこめて育ててきてくれたかも分かった。








がんについても勉強した。

抗がん剤というのは猛毒で

抗がん剤治療をこんなにしているのは日本くらいだということも知った。

癌自体が悪いのではなくて、がんはわるい成分を止めてくれているから

抗がん剤っていう猛毒で殺すという方法もあるけど、上手くつきあっていくっていう考え方があることを知った。

抗がん剤は体に猛毒を入れるから

もちろんそれに伴って過酷な副作用があって

そして免疫が落ちて、二次的な病を起こしたりもする。

元々体力がある人でも抗がん剤治療後には体力が落ちる。

ましてお歳をめされた方にとってはとても危険な治療だということも知った。

髪の毛は抜けてしまうし、

吐き気、強烈なむくみ、節々の痛み、肌のただれが生じる

体に猛毒を入れて、体に悪い成分が流れるのを防いでくれてる物質を殺すこと

何が正しいのだろうといっぱい考えた。

そして一番悩ましい点は

抗がん剤治療をしても100%治るわけではないということ。

果たしてそれがベストな選択なのでしょうか。









抗がん剤治療には医療界の経済が深く関わっている。

抗がん剤を勧める医者に「あなたが同じ立場でも同じ治療をしますか」と質問すると

yes ではない、らしい。

母に元気になってもらいたいけど

つらい思いをしてほしくない

そんな思いで、健康食品とか他の方法で免疫をあげたりする方法が書いてある本を読んだり

健康食品のお店に行って話を聞いたりしました。








母は父と一緒に抗がん剤治療の道を選びました。

でもそれ自体はね、いいんです

がんばるって前向きになっていたから。

応援しなきゃって思って

でも父も父だから、頑張りすぎちゃって

母に代わって私の分までごはん作ってくれたり

家事やったり

母のこと世話したり

治療に備えてものを買ったり

そんな前向きな母と、健気な父をみてるのが、辛かった。

そして今日1回目の抗がん剤を打ってきて、

もっと辛くなった。

でもつらいのはわたしじゃないから

応援したくて、でも家事とかやるくらいしかできなくて

本当に、何も出来ないのがつらくて

でも前向きになれるように、笑顔にしてあげたいのです









治療が始まってからは専業主婦の母はきっと家事なんかできないし

動けなくもなるだろうから

「わたしも休み取って手伝うから」って、父に言ったら

「大丈夫だから自分のことを考えて」って言われた。

「夫婦ってそういうものだから」って言われた。

6月に結婚式を控えてる私に向かって

母も「予定を変えたりしないで」って言った。

そういうこと言われた時

今までここまで育ててきてくれて

こういう状況になっても強制したり、お願いっていってこないなんて

本当に、愛情込めて育てられたんだって、痛感した。

どんなにいい思いをして育ってきたんだろうと

涙が止まらなくなった。










会社で隣に座っている先輩が同じ病にかかった経験を持っていて

とても親身に相談に乗ってくれている。

その先輩に、「結婚前親孝行をするチャンスだと思って」って言われた

その先輩が後悔をしているから、言ってくれたんだよね

本当に、いつか家を出るというのが忍びない

名古屋から帰ってきて、本当に実家っていいものだと思った。

あたたかくて、家族のありがたみ分かった。

親への感謝が尽きなくて尽きなくて

頑張って欲しかったり、悲しかったり、前向きだったり、

いろんな気持ちが混じって、どうしようもできない。










今わたしは結婚式に向けてたくさん準備しているところです。

でもこれも、感謝の気持ちを伝えるいい機会だと思いたいのです。

遠くにいくわけじゃないから

大切に育ててくれたおかげで、こんなにいい人に出会えて、こんなに友達にも恵まれたってこと

そしていっぱい愛情込めて育ててくれたことへの感謝を伝えたいのと

元気になれるように、笑顔になってくれるような式にしたいなって思って

もちろん母のことが一番心配だけど

わたしのできることをやって、親孝行したいなって思う

いっぱい笑顔になってほしいなと思う

辛いのはわたしじゃないから

痛みとか辛さとか、分けられたらいいのだけど

でもそうじゃないからこそできることをしてあげたいなと思っています。








このブログ読んで下さっている方は少ないのですが、

癌に関して、家族ができることなど、何か知っていることがある方は、是非教えてください。

こんな食べ物がいいとか、こんなのが体にいいとか。

詳しい方でなくても、こんな音楽がいいとか、このイベントが面白そうとか

元気になれるようなことがあれば教えてください。

できることはなんでもやりたいと思います。

文章が下手なのはつくづく思うけど、私は本気です。

どうか、宜しくお願いします。

スポンサーサイト
【2015/02/23 20:48】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
いっぱいいっぱい
昨日金曜日の夜は、式場との2回目打ち合わせがありました。

だんだんイメージが出来てくるのと同時に

やること、準備することもいっぱいで(*_*)

でも楽しみなこといっぱいだ~

二次会の会場も決まりまして

バンドメンバーも決まりまして。

演奏すること快諾してくれた皆さんには本当に感謝だし、

素敵な同期、先輩、後輩に恵まれたと幸せに思っています。

というか声をかけた全員がやるよって言ってくれて

遠方の方もいるのに本当にありがたい。

その分たのしい日にしたいなあと夢が膨らみます。








楽しみなことがある半面、心配なことも大きなものがあるんだけど

私が元気にしてないといかんなぁと思います。

心配なこと忘れられるくらいにしたいと思います。








土日もたのしむ^^

【2015/02/14 07:22】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
勇気を持って向き合うこと
いろんなことがあった一週間でした。

ただただ目の前に現れた出来事が信じられなくて、信じたくなくて

会社行っても泣いてた

どうしよう、どうしよう、どうしよう って。









でも運命ってあるもので

助けてくれる人がいっぱいいるんだと

それはこういう時に感じるんだと

改めて思った。

気を遣ってくれて「帰れる?」って言ってくれる先輩

残り仕事手伝ってくれた先輩

なにも言わずに優しくしてくれる先輩

ひとつひとつが沁みた。








隣の先輩と出会えたのは運命だと思う。

先輩がいなかったら途方にくれるしかなかったと思う。

私たち家族には必要な人だと確信している。

優しくて明るくて、でも心が強い。

きっと想像もしない苦痛と向かい合ってきたと思う。

でも、それがいつか人役に立つと思って

その役目が今きたと思う、って言ってくれて

涙が出た。

人って不思議です。










転職うんぬんの話をしていたけど

もうそんなことどうでもよくて

目の前にあるありがたい環境に感謝しなくちゃいけない

いろんな人の話を聞くってことは大事なことで

いまある環境がどんな環境なのか、

まわりにはまずどんな可能性もありうるのか

外の世界を知ることで今の自分とも向き合える

今の私はとてもいい環境にいて

ひとつくらいガマンしたって平気だもんね・・・









大きな敵に立ち向かうのではなくて

どうしたらうまくつきあって行けるか

でも本人はわたしではないから

わたしが出来ることをなるべくやるようにしようと思う。

勇気が必要。

思い切って

全部を変えること。

でも、それが命に代わるなら、なんでもやりたいと思う。








【2015/02/08 07:19】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。