スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
20歳
今日で東日本大震災から7年。

20歳というのは、私の7年前の歳です。

あの時から考えると、

学生から社会人になり、

住む場所も変わったりして、

結婚したり、家族が増えたり、

いろんなことがあったけど、

7年前から同じ時を別の境遇で過ごしている人がいると思うと

私は何をやってんだろうと思います









7年前、気仙沼に一度行きました。

震災から約半年の時が経った被災地でした。

あの景色は忘れないし

あの時から、わたしはもっと何かできていればよかったなって思います。

申し訳ないし、すごくすごく情けないし、何もできない自分が悔しい。

やるせない気持ちになります。

何かできたわけじゃないし、何かを残したわけでもない

ただ見て、いろんなことを感じたけど

この7年間、何かあの土地の人たちのためにできたことは無い。

私はこれでいいんだろうか、と毎年思ってしまう。

ただ涙は出てくるのに、何かをする勇気が出ないだけ








人の役に立てる人になりたい。

そう思ったときに、前回の日記につながるけど、

私は今の仕事をもっと勉強して、人の役に立ちたいとおもった。

先日、義理の両親が家をリフォームしました。

前は日が入りづらく、暗い雰囲気のおうちだったけど

リフォームして気持ちが明るくなったと言っていました。

そうやって、色とか、光とか、デザインとかで、下向きな気持ちの人を明るい気持ちにできたらなって

いろいろ考えて思いました。

いつか同じような機会があったら、確実に何か力になってあげられる人になりたい。

そのために勉強しようと思いました。










社会人になったとき、

「人の役に立てる人間になる」という目標を立てました。

でも今の職場は正直、毎日イライラするし

人のことを嫌いになったり疑ったり、逆に疑われないように常に気を配ったり

最初は本当に人のことが信じられなくなる職場だと思いました。

今では慣れてしまったけど、やはりそう思っています。

でも、そういう環境にとやかく言わずに

ちゃんと自分の目標をもって、ちゃんと勉強しなきゃと思いました。

いつか、しかるべき時に、人の役にたてる、人の気持ちを明るくできる人になりたい。










明日も月曜がくるので、また頑張ろうと思います。

スポンサーサイト
【2018/03/11 21:54】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
上がったり、下がったり
とっても久しぶりに書きます。

前回の投稿は1年ちょい前でした。

ちょうど色彩検定の一次試験を受けていました。

前回は二次試験で落ちたのですが、

この前2度目の二次試験を受けて合格できました。

その前にはインテリアコーディネーターの試験も受け、一次試験は合格しました。

3年前に、3年後に色彩1級とIC資格を取ると宣言していたので

そこそこ順調です。

有言実行。







久しぶりに書こうと思ったのは

やっぱり私はいつまでたってもいろんな悩みから抜け出せなくて

少し頭の中を整理するためにアウトプットしようと思ったからです。

誰かに読んで欲しいわけじゃない。

メモ程度に。









今は、仕事について悩んでいます。

年末年始は転職も考え、一つ受けたりもしました。

ただそういうことをしている中で、自分の本心がどこにあるのか分からなくなってしまいました。

受けたのは、ある自然保護団体でした。

一般企業ではないので、いわゆる想像できる年収も低いものでした。

でもそういうことも通り越して、小さい時からの夢をまた実現させるチャンスが欲しいという

(あとから考えたらこじつけかもしれないけど)そういう思いもあり受けました。

でも選考を進めているうちに

「単なる逃げかもしれない」とか

「周りに迷惑や心配をかけている」

ということばかり気になるようになってきました。

確かに年度末にむけて今の仕事はとても忙しくて

お昼ご飯も食べずにあさから晩まで時間に追われ、PCに向かい続けています。

そんな日常に疑問を持っているのも事実です。

活動時間のほとんどを過ごす場所がここでいいのか

人生をこの会社での時間に使っていいのか

そういう思いもありました。

だから

単に私は昔あきらめた夢を利用して、逃げようとしているんだとも思いました。









先日、幼馴染と小学校へタイムカプセルを開けに行ってきました。

「大人になった自分へ」みたいな手紙とかはなかったものの

当時描いた「鳥や自然を守る人になりたい」という夢はやっぱりそこにちゃんと書いてあって

少しドキッとしました。

いろいろ考え過ぎて、自分の正直な気持ちがわかりません。







ただ今が不幸せな訳では決してないのです。

大好きな旦那さんがいて、近くに大切な家族もいて

たびたび旅行にも行けて

信頼できる友人もいて

恵まれているなあと、思うのです

これ以上高望みしちゃいけないとも思うのですが。







いくら自分に「何がしたいのか?」と問いかけても答えが出てこない。

植物人間になった気分。(なったこと無いけど。)

自分の中で抜けない気持ちは、主に2つ。

自然だとか地球環境が悪化していくのを黙って見ている自分が許せないという気持ち。

もう一方は、家族や関係者に迷惑をかけてはいけないという気持ち。

何も行動しなくていいのか?

お金をもらえるという理由でアクションを起こさないでいていいのか?

でも行動を起こしてしまうと、あとには引けない。

今まで頑張って勉強してきたことも、無駄になる。

行動を起こしたら、今の安定な生活はなくなってしまうかも知れない。









転職活動をしたとき、実は最終面接まで進んでいました。

自分でも落ちるわけがないという変な自信があったのは、昔から思い描いていた夢があったからだと思います。

でも身内に受けていることを打ち明けた時は、誰も賛成しませんでした。

そのことが、実は割とショックでした。

やっぱりみんな、ちゃんとお金をもらって、前向きに頑張っている私が好きなんだな、と

分かってしまった瞬間でした。

人として「まともな」道をちゃんと歩んでいる私のことをやっぱり期待しているんだ、と。

こりゃだめだなと思い、最終面接は辞退しました。

実際受かっても行くと二つ返事で決断できるとは思っていなかったので、人のせいにするわけでは勿論ないのですが

やっぱりそうやって「まともな」レールの上を進んで行かないといけないんだなぁと

痛感した瞬間でした。

身近な人たちだからこそ心配してくれたのは分かるけど

分かるんだけど

正直に、本当に生きていくのが面倒くさくなった瞬間でした。










世界には生きることもままならない人たちが存在する中で

贅沢な悩みだなあと思います。

最近いろんな人の言葉を反芻してしまいます。

夢をかなえるためには人の意見を聞いちゃいけない、とか

世間の目よりも何よりも、自分自身が魂で動くことだ、とか

まぁこういうことも自分に都合のいい言葉ばかりが入ってきてしまうんですよね。








自分は自分の人生で何がしたいか

人生をどういう風に過ごしたいのか

行動する勇気があるのか

そこが問題です。

今日はここまで。

おやすみなさい。

【2018/03/07 22:41】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
受けてきた
先週、色彩検定を受けてきました。

1級1次です。

実は今年に入ってから初めて会社の通信講座を取り、ほぼ一年間かけて勉強してました。

その割にちょー効率悪い勉強してたもんだから

10月に入ったくらいから「これはやばくね?」となり

割と真面目に勉強しました。

一年間かけたんだから、本当は二次まで受かりたい気持ちでいたんですが

もう二次は無理でしょうという感じで

二年計画で取得予定です。

そんなわけだけど一次はまぁまぁ手応えはありました。

自己採点も7割後半はいってたから…

大丈夫だと信じたい(>_<)

受かってると信じて、今はダメ元で二次の勉強中です。






一次受ける前の金曜に有給もらって

実家に行って勉強しました。

結婚して初めて実家に泊まりました。

一年半ぶりくらいに実家のお風呂にはいったら

こんなんだったっけ?と変な気持ちになりました。

けど落ち着いた気持ちで勉強できたおかげで

なんとかモチベーション保てました。

ありがたいなぁ。







二次まで一ヶ月を切ったので

もう少しがんばります。
【2016/11/20 15:37】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
初めてアメリカに行った時のこと
私が初めてアメリカ本土に行ったのは、中学2年の時です。

それまでちゃんと海外に行ったことも無かったわたしの心に一番残った光景

それは

いろんな肌の色の人、いろんな体格の人、いろんな格好の人が、同じ道を歩いている光景でした

人種のるつぼ、という言葉はこのことなのか、と衝撃を受けた覚えがあります

それと同時に感動を覚えた記憶があります

自由の国

多種多様を認めてくれる国

日本もこんな風に認め合える国になればいいのに、

世界がこんなに寛容になればいいのに、と

強く、世界の広さを痛感した光景でした






その感動はなんだったのだろう、と

なんだか失望というか、がっかりしたというか。

結局、人種差別を心の奥に秘めてる人がこんなにいたんだと。

そういう人たちの心の中の何かが、爆発してしまったんだな…

お墨付きを頂いたかのように、人種差別が正当化されるなんて絶対おかしい

人種のるつぼは、タテマエだったの?

自由の国って何?







日本に住むこんなわたしがここまで思うのだから

アメリカに住むマイノリティの方々の不安な気持ちは計り知れないものでしょう

少しでもいい方向に進みますように

少しでも多くの方が、傷付きませんように

壁をつくりませんように

心の壁こそ、作りませんように
【2016/11/11 22:24】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
出来ないことが、出来るようになること
春を背負って という映画をみました。

最近登山が好きで旦那ちゃんと登ったりしているのですが

立山はすばらしいですね

いつかいってみたい。

いつか山頂で鍋焼きうどんを食べたことがあるのですが

あの山小屋もきっと大変なんだろなって

今さらありがたみが湧きました。

まだ山小屋泊まったことはないけど

いつか泊まってみたい。

あたたかいんだろなぁ。







それはそうとこの映画

冒頭に主人公があっさりと脱サラして山小屋を継ぐところから始まるのです

他のテレビでもよく、単調な日常に疑問を感じてOLやめて世界に飛び出した、とか

小さい頃の夢が諦めきれなくて脱サラ、とかよくあるけど

本当にすごいなぁと思います

友達でも、一度働き始めたけど「これでいいのか?」と疑問を持って会社辞めた人、何人もいる

わたしもそうしたい、って訳ではないけど、その決断力をいつも尊敬します

なぜならわたしは何かを満足にやり遂げたことがないから

全部中途半端だから

本当は鳥が大好きで、小学生の時はずっと鳥類学者になりたかった

そのために勉強してたのに

理系の科目が苦手だったから、あっさりと諦めた

音楽だって、そこそこやっただけ

アドリブとかやりたいと思って少し勉強したけど、やめちゃって

いまだってインテリア好きとか言ってるけど、資格も一回受けて落ちてそれっきり。

本当ダメ人間やなぁ、と思います








でもね最近、何かをやり遂げたいという意欲が沸いているのです

なぜかというと最近、ずっとわたしはできないと思ってたことができるようになったから。

ヘアアレンジ!

三つ編みもお団子もできなかったわたしが

最近いろんなヘアアレンジにハマってます

いままで結婚式の二次会とか、何千円もかけて美容院行ってセットして貰ってたけど

それがアホらしくて始めた笑

やり始めて練習したらできるようになって

自分にはできないって思ってたことができるようになって

些細なことだけど、本当に嬉しいのです





だからいま

出来なかったことを出来るようにするってことを他にも何かしたいのです

何か、新しいこと。

この前テレビで感動した言葉があって

未知の世界ほど、その扉を開くことは怖いことなんだと。

でも扉を開いた分、素晴らしい世界が広がっているんだってこと。

すごいことほど、最初の一歩はこわいんだよね

わたしまだまだ自分これからだって思ってるし

勇気を持って、何かをやってみたいなって思ってます







とりあえず今やってること、頑張ります

来週は試験。

とにかく前向きにがんばる!
【2016/11/06 23:34】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。